empty note

以前のHPがサービス終了に伴い消滅してしまったので、ブログに移行しました。 書きたいことがあったら書く感じ。てきとーに。
2037/12/31(Thu) 23:59  
rionnが書く内容の無いブログ。 詳しくは記事下部のmoreをクリック
more...
about this | | | edit
ゲームの拘束力について
2017/11/14(Tue) 23:00  
ゲームの拘束力について

スマフォ基本無料ゲーム、「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」をやるのを止めた。
正確にはこのゲームのイベントをこなす事を止めた。

スマフォの基本無料ゲームは大抵ユーザーに対してそのゲームを続けるよう束縛してくる。
あるイベント期間中にガチャを回さないと貰えない限定アイテムがあるよ、だとか
誰かとポイントを競い合うイベントでは無課金でも課金者でもそのゲームに一定の時間を、ある指定の期間内に投資しないと目標が達成できないようにしてあるだとか。

一番の拘束は時間であろう。
活気づいているゲームであれば何かしらのイベントは常に行われていて、まともにこなそうと思うとそのゲームにかなりの時間を費やすことになる。
常に行われているので休む暇がない。

俺がやっていたミリマスもそれは例外ではなく、音ゲー要素もあってか、イベントのpt稼ぎをなるべくロスなくこなそうとすると結構な時間をこのゲームに費やすこととなった。

そして前回記事にもしたイベントの終了後、疲れたのか次のイベントは真面目な攻略はやらずに適当にイベントをこなしていた。

そのイベントも終わり次のイベントが始まった。
気が抜けたのかたまたまミリシタを2日も起動しなかった。

「ログインすらしてなかったわ」、と思いアプリを起動してみたが、全然やる気が起きなかった。
イベントを見た瞬間、またこのゲームに拘束される日々が続くのかと思って嫌になった。

その時にこれは「しばらく間の空いたRPGの続きをやる気がしなくなってしまった」感覚と似ていると思った。
特にストーリーを忘れていて、またやるとなると1からやり直す事となるが、その時間を考えるとやる気が出ない。
というのがよくある理由である。
ゲームソフトが主にディスク媒体になってから(プレステが登場して以降)はあまりないが、セーブデータが不運にも消えてしまい、1からやり直す羽目になった。なんて場合にやる気が削がれる理由の一つでもある。

これは、「ゲームの為にゲームをする」という構図である。
こうなるともうそのゲームをする事は娯楽ではなくなる。
”ゲームに|をやらされている感”が強いからである。

「ゲームに|をやらされている感」をプレイヤーに持たせてしまったらプレイヤーはやっていて楽しくなくなる。
これはゲームを作るうえで配慮しなければならない事の一つである。
特にRPGなどの一人用ゲームでは真剣に配慮しなければならない。
ゲームに取り入れるイベントはプレイヤーが自主的にやりたくなってやらせるよう、それと気づかれずに誘導しなければならない。

閃の軌跡Ⅲというゲームはメインイベントの”やらされている感”がすごい部分があった。
プレイヤーが操作するキャラクターの立場を考えると普通ならやらないだろうと思われる些末なことまでやる事になる。
それがサブイベントでメインストーリとの関係はなく、プレイヤーが自主的にやりたくなるイベントならいいのだが、そうはなっていないのが問題だった。
ゲーム的にはやってもやらなくてもいいイベントではあるのだが、ストーリーと絡みのある理由で任意でやってくれ、とゲーム側から強制的に説明があるイベントだった。
「やらなくてもいい仕事だけど、要請が出てるから君の判断で任意でやってくれ」と言われる。
しかも、仕事だからこそ立場上そんな事他のやつに任すだろ、ってな内容の事をである。
いうても話が面白ければやりたくもなるが、ゲーム要素も無く且つ話も面白くはない。
さらにゲームとしてはそれらを全てこなさないと達成できない目標に組み込まれている。
イベントをこなすとAPをいうポイントが貰えるのだが、それを一定数貯めるとアイテムが貰えるのだ。
累計APに応じたランク付けが設定されていて、最高ランクSを獲得するにはイベントを全てこなさなければならない。
ランクSを目指すならやらなければいけないイベントである。
取り敢えずイベントは全てみたい人だったり、そのSランク欲しさにイベントをこなす人からすれば、話もゲーム的にも面白くもないのにやらなければいけないイベントになってしまう。
こうなったらゲームへの印象は悪くなる。

上記はプレイヤーに仕方なくやっている感を与えてしまい、心理誘導に見事に失敗している例であった。
(余談だが、残念な事にこのゲームは全体的につまらない事にプレイヤーの時間の大半をとらせるゲームであった。
Amazonの以下のレビューを読めばこのゲームの全体的な評価がわかるので気になる方は読んでみてください。
https://t.co/0f3R4F1EFu)

ゲームはプレイヤーが自主的にやる娯楽であり、ゲーム制作者はプレイヤーに最低限やらされている感を持たせないよう適切な心理誘導をしなければばらない。
自分の行動動機に外部からの拘束力が混ざると娯楽は仕事に変わる。

memo | CM:0 | TB:0| edit
ミリマス:プラチナツアーにおける効率のいいプレイ方法
2017/11/07(Tue) 01:01  
スマフォの音ゲー、「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」を最近プレイしている。
そのゲームの期間限定イベント、プラチナツアーが2017年10月20日~30日に行われた。
そのイベントでは「イベントpt」を稼ぐ事で、その累積イベントptによる報酬、
累積イベントptランキング上位者に入る事による報酬が貰える。

イベントptは、
①通常楽曲、②お仕事、③イベント楽曲
のいずれかをこなす事で獲得できる。
しかし、③イベント楽曲 はボーナス倍率という、獲得イベントptが毎回変動するおみくじが設定されている。
2倍~5倍まで0.5刻みの7つから抽選される。

イベントptを最大効率で獲得するためのプレイングは何かを求めるには
このおみくじの各抽選確率を知る事が必須である。

そこで、この各抽選確率を調べる為に協力者をゲーム内で募り、調べた。
その結果を以下のグーグルシートにまとめたので、興味のある方は参考にして、どうぞ。
いずれ同じゲーム内容のイベントがもう一度開催される可能性は高いので、
運営が抽選確率を同じ設定にしていれば同じ結論が通用する。

協力していただいた方々には本当に感謝しております。

ちなみに、もっとも元気1消費に対する獲得イベントptの期待値の高いプレイングの結論は、
「進捗度稼ぎはU2Mで行い、消費元気・勇気3倍が解禁されるまではイベント楽曲は行わない。
勇気を使用する際はUMMで行い、4.5倍、5倍のボーナス倍率を引いた時は勇気3個使用。
3.5倍、4倍を引いた時は1個使用。3倍以下を引いた時はUMM通常楽曲を行う。
※但し、これはプレイ中に獲得するEXPを考慮していない」
となった。

--------------------------------
ミリシタ:PTボーナス倍率抽選データまとめ(公開版)
https://t.co/ORnLyCy5Gy
--------------------------------
memo | CM:0 | TB:0| edit
髪の毛が服の襟に埋まってチクチクするやつの解決方法
2017/11/06(Mon) 23:53  
俺は髪の毛を定期的に坊主並みに短くしているのだが、
短くした際に2、3日伸びた髭並みの短い毛が服の襟に埋まり、
それが首をチクチクして嫌な気分になる事がある。

冬場に部屋着として愛用しているジャージでそれが起きた。

今までは肉眼でその元凶たる髪の毛を探し出し、指で摘まんで取り除いていたのだが、
埋まった髪の毛は小さすぎて全然見つからない事がある。

今回は見つからず諦めていたのだが、
ガムテープを使う事で難なくその髪の毛を襟から取り除くことに成功した。

割れてしまい床に散らばったガラスの破片をガムテで取り除くように、
チクチクした首の辺りの襟に対して、ガムテープの糊の部分をペタペタと
付けたり剥がしたりするだけでチクチクの原因たる髪の毛がガムテに張り付いた。

何故俺は今までこの方法を思いつかなかったのかってくらいお手軽なので、
同じ悩みを持っていた方へのオススメの解決方法である事を伝えたい。
memo | CM:0 | TB:0| edit
【翻訳】フェイスブックとインスタグラムが停電に。 原因はある内部変更であり、ハッカーの仕業ではない。
2015/01/27(Tue) 20:25  
英語の勉強の為に翻訳してみたものを載せています。
訳に大きな間違いがあれば教えていただけると幸いです。

元記事:
Facebook and Instagram outage caused by an internal change, not hackers @verge
more...
勝手に翻訳シリーズ | CM:0 | TB:0| edit